. . . Arno . . .
Thanks! ドリル魂様/不断様


第0話
―じゃあ、いっしょに散歩行こうか―
エッジ「じゃあ、いっしょに散歩行こうか」
アーノ「やったです!
じゃあ、どこに行くですか?」
エッジ「そうだね…
思い出の場所… なんてどう?」
アーノ「思い出の場所…ですか?」

―メンドウだし、もう寝るよ―
エッジ「メンドウだし、もう寝るよ」
アーノ「そう・・・ですか
今のご主人さまは暗い風がグルグルなのでいい風にあたるのがいいですけど・・・」
エッジ「そ・・・そうなの・・・?」
アーノ「はい・・・ドロドロ〜って感じです・・・」
エッジ「そういわれればそんな気が・・・
やっぱ行こうか 散歩」
アーノ「ハイです!
じゃあ、どこに行くですか?」
エッジ「そうだね・・・
思い出の場所・・・なんてどう?」
アーノ「思い出の場所・・・ですか?」

エッジ「とうちゃ〜く
うん… 確かに夜風に当たってたら つかれがとれた気がするよ
ありがとう アーノ」
アーノ「よかったです ご主人さま
…あれ、ここは ご主人さまと出会った場所です…? ここが思い出の場所ですか?」
エッジ「うん… それに、ここは昔 僕の家のあった場所なんだ」
アーノ「そうだったですか…」
エッジ「この家がなくなった時 僕はまだ小さかったんで ここでのことは、ほとんど覚えてない
でも… ここに来ると なんか落ち着くんだ
そういえば リョウガとはじめて会ったのも この場所だったよ」
アーノ「ここで… 何があったですか?」
エッジ「この村にはゴウラって召喚獣が 封印されている遺跡があるって 村長が言ってただろ?」
アーノ「コワイ召喚獣です」
エッジ「すっごい昔に召喚したはいいけど 力が強すぎて制御できなかった 召喚獣なんだって…
送還することもできなかったから やっとのことで封印したらしいんだけど
それを解放しようとした グレンって悪い召喚師がいたんだ」
アーノ「悪い召喚師さんです…」
エッジ「自分の力に自信を持ってて ゴウラの力を手に入れられるって 思ってたらしいよ
で、封印を解こうとして 村で大暴れしたんだって」
アーノ「大暴れ… ガシャーンって感じで コワイです…」
エッジ「うん…
父さんや親方… みんなでグレンと戦って やっつけることはできたんだけど
僕の家はこわされちゃって 僕も大ケガしちゃったんだ…
その時、僕を助けるために 魔刃使いの力を使っちゃったから 父さんは死んだんだって…」
アーノ「ご主人さま…」
エッジ「母さんは僕が生まれてすぐ 死んじゃったらしくて
それで… 僕はひとりになったんだ」
アーノ「ひとりぼっち…」
エッジ「でも親方が僕を家族として 迎えてくれたんだ…
親方の奥さんも その時に亡くなってて 大変だったはずなのに…」
アーノ「親方さん… やさしいです…」
エッジ「最初はいろいろあったけど オルカやタタンとも仲良くなった だから…
僕はもう… ひとりじゃない
それに今日から アーノっていう パートナーができたしね」
アーノ「ハイです! ボクはご主人さまの護衛獣です
これからはどこでも いっしょです!」
エッジ「ありがと、アーノ よろしくたのむよ」
アーノ「ハイです! いっしょに武器を たくさん作るです!」
エッジ「うん」
アーノ「あの空の星くらい たくさんたくさんたっくさん 作るです!」
エッジ「う… そんなにできるかな…」
アーノ「できるです! 風も「がんばれ」って いってくれてるです!」
エッジ「そうなの? じゃあがんばってみようかな」
アーノ「ガンバルです」


第1話
エッジ「あれ、アーノ なにやってんの? こんなとこで…」
アーノ「風とお話してたです ご主人さまとの思い出の場所には とってもやさしい風がふいてるです
ご主人さまも 風とお話しですか?」
エッジ「うーん… まあ、そんなもんかも」
アーノ「もしかして… 風とお話ししてたのが スーって、きこえちゃったですか?」
エッジ「ははは…さすがにまだ それはムリかな… アーノはなにを話してたの?」
アーノ「えと… ご主人さまのことです」
エッジ「僕の?」
アーノ「ハイです ご主人さまは大カツヤクで ドキドキしたです
大きな召喚獣もバーンって やっつけちゃうし 親方さんもなおしちゃうし…」
エッジ「親方をなおしたのは リンリさんの方かな…」
アーノ「でも…ボクは… あんまりお役に 立ってないかもです…」
エッジ「そんなことないよ 僕もアーノには すごく助けられてるよ」
アーノ「ええっ! ボク、ご主人さまを助けてたですか? ビックリです!」
エッジ「ほら、集会でさ みんなに信じてもらえなかったとき アーノが僕のこと信じるって…
本当にうれしかったんだ だから、ありがと」
アーノ「でも、ご主人さまは 本当にスゴイ人だから フツーです」
エッジ「そんなにほめないでよ…」
アーノ「そんな… ダメですか?」
エッジ「いや…ダメじゃないけど… でも、あんまり人前で そういうことは言わない方が…」
アーノ「どうしてですか? この風にのせて みんなに伝えたいくらいです」
エッジ「ああ… たのむからカンベンして…」


第2話
アーノ「あ! またご主人さまといっしょです!」
エッジ「また風と話をしてたんだよね 今日は何を話してたの?」
アーノ「えと…オルカさんも 親方もバッタンで… どうしたらいいかなって…」
エッジ「そうだね…あのあやしい男も リョウガの仲間みたいだし… 早く魔刃を集めるしか…」
アーノ「それから… あの… ご主人さま…?」
エッジ「なに?」
アーノ「ケンカするのが 仲良しさんなんですか?」
エッジ「え…? まぁ、ケンカするほど 仲がいいって言うけど…」
アーノ「じゃあ、ボクとケンカするです!」
エッジ「はい!?」
アーノ「ボクもご主人さまと 仲良しさんになりたいです! だから、ケンカするです!」
エッジ「ええ… ちょっと待ってよ…!」
アーノ「待てないです! グルグルって 行くです!」
エッジ「たのむから話をきいてよ!?」


第3話
アーノ「あ! またご主人さまといっしょです!」
エッジ「また風と話をしてたんだよね 今日は何を話してたの?」
アーノ「えと…ご主人さまがブルニードさんに コチョコチョってされて わらってたこととかです」
エッジ「そこなの…?」
アーノ「あと、ご主人さまがガーってなったり パスゥさんがニュってしたり… 親方さんが…」
エッジ「アーノ… 大丈夫だよ…ブルニードは 魔刃の場所を知ってるみたいだし
早く魔刃を手に入れるために いっしょにがんばろう! ね、アーノ!」
アーノ「ハイです! ご主人さまの役に立つように がんばるです!
あと…キスってなんですか?」
エッジ「あはははは…」


第4話
エッジ「あ、アーノ… 風はどう…?」
アーノ「え…? フワって感じですけど… ご主人さま、元気ないです… どうしたですか?」
エッジ「ん…? ちょっと、ね…」
アーノ「もしかして… ボクのせいですか…? お役に立てないですか…?」
エッジ「あ…そうじゃなくて…! リョウガに会ったから そのことをね…」
アーノ「リョウガさん、ですか…?」
エッジ「リョウガには何か事情があって 話し合えば元に戻れる… そう思ってたんだ
いや… 思おうとしてたんだ…
だけど…なにも聞けなかった… もしちがってたらって思うと 怖くて聞けなかったんだ!
本当は、イヤなんだ… リョウガと戦うなんて…」
アーノ「ご主人さま… ご主人さまのまわりの風が さびしい…かなしいって言ってるです
あのときのリョウガさんと いっしょです…」
エッジ「リョウガと…?」
アーノ「ハイです… きっとリョウガさんも 戦うのはイヤです…」
エッジ「やっぱり…なにかあるのか…? 僕に言えない事情とか… 戦わなくちゃいけないなにかが!?」
アーノ「ご主人さま…?」
エッジ「ムリやりゴウラ復活のために 戦っているなら… とめなきゃ…!
リョウガがゴウラを復活させるのを とめられるのは… 魔刃使いの僕にしかできないんだ!」
アーノ「ご主人さまが… 戻ったです!」
エッジ「ありがと! わかったよ! アーノのおかげだ!」
アーノ「本当ですか!? ボク、役に立ったですか!?」
エッジ「うん! アーノが護衛獣で 本当によかった!」
アーノ「ほめられちゃったです! ワーイです!」


第5話
アーノ「あ! ご主人さまです!」
エッジ「今日もいろいろあったけど 風となにを話してたんだい?」
アーノ「ご主人さまもお色気は好きですか?」
エッジ「いきなりだなぁ!?」
アーノ「好きですか?」
エッジ「うーん… どっちかっていうと… 好き、かなぁ…やっぱり」
アーノ「やっぱり… ボクはダメだったですか…!?」
エッジ「ち…ちょっと…!? どうしたの!?」
アーノ「ボクはリンリさんみたいに クネクネしてなかったです… ごめんなさいです!」
エッジ「そんな… あやまられても…」
アーノ「ボク、これからがんばって いっぱいクネクネするです! だから…!」
エッジ「あー、ちょっとその前に… 結局アーノは男の子なの? 女の子なの?」
アーノ「ボクは風の子です」
エッジ「だから、そうじゃなくて… なんというか…
女の子だったらクネクネしても まあ…とめないけど 男の子だと、チョット…」
アーノ「風の子はどっちですか?」
エッジ「だから、そういう問題じゃなくて」
アーノ「だけどボク、小さいときから 風の子だって言われたです」
エッジ「親の教え!?」
アーノ「それで、どっちですか?」
エッジ「あの…風の子は… というかアーノは 今のままでいいよ」
アーノ「よかったですか!?」
エッジ「うん!」
アーノ「よかったです!」
エッジ「(よかったのだろうか…?)」


第6話
アーノ「あ! ご主人さまです!」
エッジ「今日は風と なにを話してたんだい?」
アーノ「ガンヴァルドさんのことです すごく大きくて すごくがんばったです」
エッジ「そうだね ボルガノがなおったのも ガンヴァルドのおかげだもんね」
アーノ「でも…ガンヴァルドさんは… リョウガさんたちに… ボカーンって…」
エッジ「アーノ…」
アーノ「ご主人さま… ボクたち、本当に リョウガさんに勝てるですか?」
エッジ「正直、自信ないけど 勝たなきゃいけないんだ だって…
あのときリョウガは とても悲しそうだったから…」
アーノ「ハイです… あのとき悲しい風が 少しだけふいてたです…」
エッジ「多分、今あいつのやってることは あいつの気持とは関係なく やらなきゃいけないことなんだよ…
だから、あいつは全力でくる」
アーノ「コ…コワイです…」
エッジ「僕だってそうさ… でも… やるしかないんだ…
だって、リョウガを止められるのは 僕だけなんだから…」
アーノ「じゃあ…ご主人さまを守るのは ボクです! ボクもガンバルです!」
エッジ「アーノ… たよりにしてるよ!」
アーノ「うれしいです! ご主人さま!」


第7話
アーノ「あ! ご主人さま! いらっしゃいです」
エッジ「今日はアーノ イモのこと話してたろう?」
アーノ「すごいです…! 風の声がきこえたですか?」
エッジ「ううん でも、なんとなくね」
アーノ「それから すごい召喚師さんたちの ことです」
エッジ「マグナさんたちのことだね たしかにすごかったね」
アーノ「メガネさんがコワかったです」
エッジ「まあまあ…
でもあの戦いのとき バルレルくんがいっしょだったら 絶対負けてたと思うよ」
アーノ「バルレルさんは ご主人さまより 強いですか!?」
エッジ「それだけじゃなくて マグナさんたちも ずっと強くなると思う
だって僕も アーノがいないと 調子出せないと思うから…」
アーノ「それはダメです! じゃあボクはいつでも ずっといっしょにいるです!」
エッジ「ありがと」
アーノ「いつでもいっしょです…」
エッジ「あ…あの… いつでもって言っても いままでどおりでいいから、ね」
アーノ「どこでもいっしょです…」
エッジ「あ…あの…」


第8話
アーノ「あ! ご主人さま! 風もまってったです!」
エッジ「風も…? どういうこと?」
アーノ「風が、ご主人さまに ごめんなさいって言ってるです」
エッジ「一体なんで?」
アーノ「えと… ゲドーさんの召喚獣のこととかです」
エッジ「たしかに、アレは大変だったね… みんな、僕のこと 信じてくれなくなっちゃって…
正直、ショックだったよ…」
アーノ「ボクもガーンって感じだったです」
エッジ「でも、アーノがいてくれて 本当に助かったよ ひとりじゃ、どうなっていたか…」
アーノ「どうなっていたんですか?」
エッジ「きっと、辛くて 逃げ出していたんじゃないかな?
アーノがいてくれたから 逃げないで、魔刃を取り返すことが できたんだ
本当にありがと」
アーノ「ワーイです! ご主人様の役に立てたです! 風も「よかった」って言ってるです」
エッジ「よかったね この調子で、最後の魔刃も 手に入れよう!」
アーノ「ハイです!」


第9話
アーノ「大丈夫ですか? ご主人さま…?」
エッジ「ごめん、アーノ… 心配かけるね…」
アーノ「だって、ご主人さま とってもグルグルって感じです… やっぱり、リョウガさんが…」
エッジ「リョウガはもう関係ないよ… どれだけ考えたって あいつは戻ってこないもんな…!
わかってるさ…! 僕が今やらなきゃいけないのは ゴウラを封印することだってくらい!」
アーノ「ご…ご主人さま… ごめんなさいです…!」
エッジ「あ… ごめん…アーノ…
でも…僕にだってわかってるんだ… こんな気持じゃゴウラ封印なんて できないことくらい…
でも…どうしようもないんだ… また魔刃使いの力が暴走して 誰かをキズつけてしまったらって…」
アーノ「困ったです… どうしたらいいですか…?」
エッジ「ごめんね… 今日はもう、帰ろうか…?」
アーノ「ご主人さま… ハイです…」


ED
アーノ「わーい いい風です たのしそうです!」
エッジ「そうだね」
アーノ「ご主人さまも 風の声がきこえたですか?」
エッジ「いや…ほら… グレンの邪気も 完全に消えたし… アーノを見てたら なんとなく、ね…」
アーノ「そうですか! きっときこえてるです! ご主人さまも風の子です」
エッジ「そうなの…? よろこんでいいのかどうか ビミューだけど」
アーノ「ボクは大喜びです!」
エッジ「そっか… じゃ、よかった
アーノ、本当にありがと キミがいてくれて 本当に助かったよ」
アーノ「本当ですか!?」
エッジ「うん…
くじけそうになったとき アーノの真っ直ぐな心に 何度助けられたことか…」
アーノ「それ… 本当に本当ですか? ご主人さま?」
エッジ「うん 本当に本当」
アーノ「うれしいです…! ボクもご主人さまの 役にたってたですね…!」
エッジ「もちろん!」
アーノ「ボクもご主人さまといっしょだと すっごくフワってなれるです とっても元気が出るです!
ご主人さまの護衛獣で 本当によかったです!」
エッジ「そっか… ふたりで支え合ってるって 感じだね
さすが、ふたりはパートナー …ってところかな?」
アーノ「ハイです! パートナーです!」
エッジ「じゃ、あらためて これからもよろしくね アーノ」
アーノ「ハイです ご主人さま!」

これからもず〜っと ず〜っと、いっしょです!


Back / Home